分析に関する見積もりを依頼

機関に分析をして欲しい製品や、成分の情報をまとめた書類を提出する必要があります。これらを元に料金を算出し、依頼をするためのプランを固めていくため、不備がないように丁寧に作成をしておくことが肝心でしょう。

物質ごとに料金は異なる

研究

最大6物質の分析が可能

複数の物質を対象に分析をしてもらえば、1物質あたりの料金を抑えることができます。細かく分析をしたいという場合にぴったりですが、それに伴いどれくらいの期間を納期に定められるか確認をしておくことが重要になります。

もちろん個別の分析プランもある

水銀だけ有無や量を分析したいという場合でも、それにあったプランを用意してくれている機関もあります。より費用を抑えて分析をしたい場合は簡易分析というプランもあるので、これらの結果から他の分析方法を依頼するか考えることもできます。

下限値が小さいほど細かく分析できる

2ppmを下限値として分析をしてくれる機関がほとんどとなっています。わずかな量でも有無をはっきりしてもらうことが大切であるため、費用の相場以外にも分析の精度について事前に確認をしておいた方が良いでしょう。

広告募集中