規制されている物質を把握しておく

科学

安全な生活のためにも分析は必要

電化製品にはフタル酸や六価クロムが使用されている場合もあります。そうなると、使用者への健康被害にとどまらず、処分の際の環境への被害も心配されるでしょう。これらの被害を未然に防ぐためにも本格的な製造の前にROHS分析は必要なのです。

シックハウス症候群の原因

建築資材に使用されている有害物質が原因でめまいや湿疹といったシックハウス症候群が報告されています。主な物質はフタル酸であり、これらが含まれていないか検査機関を通して建築資材の分析をしてもらうことが重要でしょう。

おもちゃに含まれている場合もある

子供がいつも使用するおもちゃは有害でないことが前提ですが、まだ規制されていなかったフタル酸も健康への被害が懸念されることが分かりました。おもちゃを製造する際には食発第0802005号に基づいて基準を満たしておくことが大切です。

フタル酸の分析はセットで

食品容器の検査にも対応

建築資材やおもちゃの他にも食品容器に含まれている物質の分析も対応しています。有害な物質があれば体内への影響が及ぶリスクが高いでしょう。定期契約に対応している第三者機関もあるので、より慎重に対応したい場合に適しているプランです。

広告募集中