専門の機関に依頼をする

女性

見積もり依頼で疑問点を解消

物質の有無や量について分析を依頼するにはまず、見積もりを依頼しておく必要があります。その際には分析に対応している物質やそれにまつわる料金の確認ができるため、後からの不備がないようその際に確認を重ねることが肝心になります。

実験室で細かく製品を調べる

正しい分析結果を出すには細かく基準を定め、検査に使用する設備の使用方法や手順に気をつける必要があります。実験室では微生物分析や理化学分析など様々な方法を用いて製品の実態を解明していきます。

安全に対する目は厳しい

色んな製品があふれかえっている中で、安全であるかどうかの証明は必須でしょう。競合している製品から勝ち抜くためにも第三者機関からの認定は必要です。電子機器以外にも食品や化粧品、おもちゃなど幅広く対応しているので、色んな企業から利用されています。

新しい規制も生まれつつある

ROHS規制は欧州が定めていますが、他にも国内の大企業が定めた基準もあります。日本の製品の質に対する意識が高いということで海外企業への証明として用いられるでしょう。自社製品の安全性を更に追求したいとなれば他の規制基準にも目を向けることは大切です。

信頼の機関探しで重視したいことは?

no.1

短納期でも対応してくれる

色んな製品を扱っている会社なら、なおさら早めの分析結果を取得しておきたいところです。機関によって対応している納期の機関に差があります。思ったより遅かったということがないよう事前に確認しておきたいでしょう。

no.2

まとめての分析で割引が適用されるか

フタル酸や六価クロムなど色んな種類の物質を分析してくれる機関であれば、複数の物質分析であれば割り引きに対応している場合もあります。細やかに分析してくれるうえ予算を抑えられるのは魅力的なプランでしょう。

no.3

ISOを取得している機関?

納期が早く料金が抑えられていても信頼度が低ければ依頼に踏み切ることはできないでしょう。基準としてはISOの取得の有無が挙げられます。高品質な検査を行なう機関としてISOは必須の認定資格であるといえます。

no.4

プライバシーの保護は大切

会社の製品を第三者機関に依頼することは多少なりともリスクは潜んでいます。依頼しようとしている機関は外部に情報を漏らさないかしっかり把握しておくことが重要になってきます。プライバシーマークの取得有無が主な基準といわれています。

no.5

規制変更への対応が細やかであるか

ROHS規制やREACH規制は定期的に項目や数の変更があります。分析結果が不十分であったということがないよう、これらの確認や対応をしっかり行なっている機関を選ぶことが肝心であるため、質問など確認はしっかり進めておく必要があります。

広告募集中