新着情報

有害物質を分析する第三者機関を活用しよう

有害物質を抽出する技術

ROH分析では主に定量分析と定性分析を主に取り入れており、これらを通して有害物質の含有量を確認していきます。なお、分析の方法によって費用は大きく変わるので、分析の精度や予算を踏まえ決めておく必要があります。

対応している物質について把握しておく

有害物質には様々な種類があり、主に鉛や水銀、フタル酸などが挙げられます。他にも数百種類あり、機関によってはこれらをまとめて分析を行ない、結果にまとめてくれるところもあります。それに伴い費用も変動するので機関ごとに見積もりをとって比較を進めておくことが大切でしょう。

実績の高さが信頼の証明といえる

検査機関によって有害物質の分析結果に違いがあるかもしれません。分析を間違えてしまうと、これから製造する製品の損失は深刻になってしまいます。まずは実績などの信頼に繋がる情報を集めておくことが肝心であるといえます。

データでの結果提示が多い

有害物質となると環境破壊の原因ともいわれています。また、検査機関では環境マネジメントシステムというISOを取得することが前提であるため、紙媒体といった資源の消費を最低限にしています。それにともないROHS分析などの結果も紙媒体を使用せずテータでの提示を取り入れています。

欧州規制の基準を最も重視している

有害物質が含まれている製品については欧州はとても厳しく捉えています。国内の製品を欧州に輸出するためにはROHS規制を満たす必要があるので、認定を受けている第三者機関への依頼が必須になってくるでしょう。

化粧品の製造は水銀の有無確認が必須

綺麗になるために化粧水や乳液などでスキンケアを行なう人はこの世に沢山います。しかし、水銀などの有害物質が含まれる製品であれば将来はシミだらけになってしまいます。皮膚はとても敏感であり正直であるため、化粧品メーカーは事前の物質分析を入念に重ねていくことが重大になるでしょう。

[PR]

ROHS分析でフタル酸の確認
色々な情報が記載されている!

安全性を証明するために分析

試験管

電子機器で使用されている物質を知る

EUではROHS指令を定めており、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ジフェニルエーテル、ポリ臭化ビフェニルを電子機器の製造の際に使用することを禁止しています。これらが含まれているにも関わらず出荷するのは大きな問題であるため、専門の機関に分析をしてもらうことが肝心になるでしょう。

基準を満たせばイメージアップ

第三者機関による分析を受け、基準を満たすことで、より消費者や製品に関わる企業からの信頼を得ることができます。有害な物質が含まれていないかなど品質の高さが求められる今の時代だからこそ、分析の実績はとても必要になってきます。

健康だけでなく環境も視野に入れる

鉛や水銀など、欧州が決めたROHS指令で制限されている有害物質は人体への影響はもちろん、環境への悪影響をもたらす存在です。分析を行なう機関では幅広い視野で製品がもたらす影響は何かを考え分析を進めていきます。

正しい証明をしてくれる実績ある機関へ依頼

会社のイメージと製品の品質は直結するので、扱っている製品の分析については慎重に進めておきたいところです。第三者機関を定める場合は実績や評価をよく知り、定期的に依頼できそうなのか熟考を重ねていく必要があります。

物質に関する疑問点やその回答

フタル酸はどんな物質ですか

フタル酸とは物を柔らかくする物質です。そのような特徴により、おもちゃの成形に取り入れられましたが、有害物質としてDEHPとDINPは現在規制されています。主に頭痛やめまいといったシックハウス症候群の原因ともいわれています。

ROHS分析で何が分かりますか

ROHS規制で定められた鉛や水銀などの6物質の有無や量を究明することができます。多くの場合は完成前のサンプルから分析が進められますが、完成された製品でも可能なので、製造後に気になる点があったら専門の機関へ相談を行なうと良いでしょう。

有害物質に関する検査は他にもありますか

ハロゲン分析や放射性物質検査、残留農薬分析、PEOS分析などが挙げられます。物質が与える人体や環境への影響に限らず、検出するための方法も異なるので第三者機関では様々な体制や環境を導入して製品のチェックを進めていきます。

ROHS規制以外にも有名な規定とは

有害物質の規定に対しとても細かく取り決めを行なっている欧州では、REACH規定も定めています。173物質にも渡るため、製品の状態についてとても細かく分析を重ねたいときに利用されます。高額になりますが、全ての検査に対応している機関は国内に存在します。

有害物質を取り込むとどんな影響がある?

最も懸念されるのは発がん性であり、生命維持に関わるので慎重に対応しておく必要があります。細胞の働きに影響をもたらし、遺伝により子にも健康被害が及ぶ可能性もあるので、製品を製造する際には事前に有無を確認し、対処をしたり安全性を証明したりする必要があります。

広告募集中